« こんどこそ!さらば北海道 | トップページ | 今年って豪雪だったのか »

2006.03.12

鳥取県で「まんじゅう」と言えば

鳥取県で「まんじゅう」と言えば、少なくとも私の中では、ここ山本おたふく堂の《ふろしきまんじゅう》です。

FUROSIKI

これが私だけではないのは、「まんじゅう 鳥取県」でググッた結果を見ても明らかです。

ふろしきまんじゅうは、黒砂糖と和三盆糖の原糖などを原料とする無添加のまんじゅうで、黒砂糖の独特な風味を残しながら、甘すぎることのない絶妙な味わいで、三十数年前・・・小学生時代に遭遇してからお気に入りの一品なのです。

駅や空港でも買えるそうですが、車で行ったなら琴浦町八橋にある本店をお勧めします。しかし、我が家には私が免許を取るまでは車がなかったのに、なんで小学生時代にこの本店に行ったことがあったのでしょう。どうやって行ったのか全然覚えていないに、鳥取県を9号線で縦断する事があれば、ここに寄る事は刷り込まれていました。

通信販売でも買えますが、なにせ無添加なので賞味期限は3日間。通販で買ったら、届いた翌日は食べ終わらないとなりません。やはり、現地で買いたいですね。それでつまみ食いをしながら家路を急ぎましょう。

|

« こんどこそ!さらば北海道 | トップページ | 今年って豪雪だったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取県で「まんじゅう」と言えば:

« こんどこそ!さらば北海道 | トップページ | 今年って豪雪だったのか »