« フェリーからトラックが転落寸前 | トップページ | 玉子焼き『ふなまち』 »

2006.04.28

ラーメン店「しぃさいど瑞穂庵」

そろそろ(私にとっての)ラーメンの季節が終わろうとしてますので、特にロケーションがお気に入りの「しぃさいど瑞穂庵」に行ってきました。むろん、ロケーションだけでなく、こってり系のスープや程よい太さの麺の味も気に入ってます。

場所は海沿いの国道のロードサイド。JR朝霧駅の南側で、数年前に大きな事故が2回起きて有名になった大蔵海岸への歩道橋を経由すると近いです。鉄骨でかさ上げされた店舗は防波堤よりも高く、海がよく見えます。

Mizuhoan060428

南(海)側のカウンターから見た景色です。右側の護岸は大蔵海岸、この内側が人工海浜です。左は明石海峡大橋、ラーメン店にはもったいないほどのロケーションです。

このカウンター席L字型になっており、東側のカウンターからは、国道2号線越しに山陽電鉄と山陽本線が並走している様子がよく見えます。こちらがわの景観は、こちらに掲載されています。

通常価格1,380円の「壱りっとるらーめん」が4月30日まで980円という値段につられて、つい頼んでしまいました。

Mizuhoan060428b

コップやお玉?と比べると、その巨大サイズがよく判ると思います。あえて確認はしてきませんでしたが、商品名の「壱りっとる」は、スープの量か丼鉢の容量だと思われます。つまり通常の約3倍という事です。遅めの昼食のためかなり空腹だったのでチャレンジしてみたのですが、運ばれてきた時はその迫力にちょっと後悔しました。

大量のスープに飽きないようにという工夫だと思いますが、食べているうちにトッピングのキムチが溶けてくるのか、スープの味がだんだんと辛口に変わってきます。最初は、このようにいかにもこってり系の白濁スープでしたが、食べ終わる頃には、見た目もかなり赤っぽくなっていました。

でも量は多かった。学生時代なら苦も無く食べたと思いますが、この歳になると頼んでしまった意地で完食しました。さすがにスープは残しましたけど(汗)

|

« フェリーからトラックが転落寸前 | トップページ | 玉子焼き『ふなまち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン店「しぃさいど瑞穂庵」:

» 博多ラーメン [のらりくらり人生]
先日久々に博多へ帰った 新大阪より新幹線で 年に何度かは日帰りで飛行機で片道1時 [続きを読む]

受信: 2006.04.28 17:09

« フェリーからトラックが転落寸前 | トップページ | 玉子焼き『ふなまち』 »